正しい洗顔方法

正しい洗顔方法

ニキビ対策として、正しい洗顔も大事です。蒸したタオルを2〜3分程度顔にのせることで毛穴を開かせるか、入浴時、毛穴が開いている時、洗顔料をよく泡たて、少し温めのお湯でしっかり洗います。また、すすぎもしっかり念入りに行います。石鹸類の流し残しは皮膚に一番ダメージを与えやすいものです。特に、髪の生え際(額の上)や、もみあげの近くは、洗い残しが多いので注意します。

 

正しい洗顔は、角質層を傷つけずに肌表面の汚れを落とすことがポイントです。これには、たっぷりの泡でやさしく洗うのがコツです。このため、洗顔料は泡立ちの良いものを選ぶのが良いでしょう。指先に力を入れ、こすったりせず、泡をころがす感じで洗顔します。筋肉や皮膚の流れにそって、軽く、ソフトに洗顔するのもポイントです。

 

小鼻の周りや両頬は脂が出やすいので、特によく洗うようにします。また、洗う際、顔の筋肉に沿って洗うようにします。額は輪を描くようにやさしく、鼻の部分は、上から下へ。頬も、輪を描くような感じで洗います。

 

毛穴の汚れをきれいに洗い落とすには、ぬるま湯での洗顔が良いでしょう。お湯が熱すぎると、肌を乾燥させてしまうことでダメージにつながります。また、洗顔が終わった後は、必ず冷たい水で顔を洗うようにします。これは、洗顔をした後の肌は、毛穴が開いているため、冷たい水で、その毛穴を引き締めるわけです。こうした正しい洗顔方法で毎日2回顔を洗うようにします。


彼氏のできやすい体質