病院でのニキビ治療って?

病院でのニキビ治療って?

どうしてもニキビが解消されない場合、皮膚科などの専門医によるケアを受けてみるのも一つの方法です。皮膚科や美容外科でのケミカルピーリングや肌へのイオン導入、レーザー治療などの治療法があります。ケミカルピーリング、肌へのイオン導入、レーザー治療、IPL治療や圧出治療、フォトRF治療などにより、肌の新陳代謝がよくなり、新しい皮膚を作るのを助けてくれる効果があります。

 

病院での治療でも、短時間で効果がある方法に「ピーリング」があります。ピーリングは、表皮にたまり、皮脂の排出のための道を塞ぎ、ニキビの原因となる角質を取り除く方法です。酸性の溶液を塗ることで皮膚の古い角質を取り除きますが、フルーツ酸の一種であるグリコール酸、または天然乳酸が、日本人の肌に合っていると言われます。

 

ピーリングの後、レーザー治療を併用すると、さらに効果が高まります。ニキビにレーザーでごく小さな穴を開け、角栓(コメド)と皮脂を医療機器によって圧出させます。レーザーには殺菌作用もあり、また、ニキビ菌は空気を嫌うことから、ニキビに空気を通す事で、にきび菌の活性を抑える効果があります。

 

この他、サーマクール・ポラリス・ヒアルロン注射・コラーゲン注入、などの治療法があります。化膿を伴うニキビが多発している場合、抗生物質と同時に、皮脂を抑え、ニキビが発生しにくい状態にするために、ビタミンB2、B6、Cなどのを摂取することが奨励されます。病院治療には、保険が効くものと効かないものがありますので、自分に合った治療法を、医師と良く相談て決めるべきでしょう。


彼氏のできやすい体質